Home


あなたの「好き」、これからやってみたいことを教えてください。
あなたの「好き」を応援し、
一緒になって面白がってやってみて、
あなたの「好き」を学びにつなげます。


目的

一人も見捨てない社会の実現

人には、幸せに生きるために「居場所」が必要です。

  • 自分が活躍できる場所がある
  • 自分を必要としてくれる人がいる
  • 自分のしていることを認めてもらえる

自分はここに居ていい、生きていていいと思える場所がある

幸せ

 「居場所」は、誰が作るのでしょうか。
 一人では作れません。「活躍」も「必要とされる」も「認められる」も、他者の存在があって初めて成立するからです。
 「居場所」は、自分の周りにいる人たちと関わり合いながら作っていくのです。

あなたがあなたの好きなことをしている姿を、認めてくれる人はいますか?
あなたを認めてくれる人がいる場所が、あなたの「居場所」です。

認めてくれる人がいなければ、「さのプログラミング教室」にきませんか?
あなたの「好き」を応援したいです。
いっしょに面白がってやってみたいです。
あなたの「好き」からつながる学びを一緒に探しましょう。そうすれば、あなたの「好き」がもっと好きになれるし、新しいことを学ぼうとする力や調べる力、筋道に沿った考え方などの「つなげるちから」を培うことにもなります。

互いを尊重しながら、互いのしていることを認め合える社会ができれば、皆が幸せに生きられる社会、一人も見捨てない社会ができると考えています。
 さのプログラミング教室は、教育で一人も見捨てない社会の実現を目指すために設立されました。


プログラミング教室の目標

プログラミングやさまざまな体験、人との出会いを通して、つなげるちからをはぐくむ。


内容

a.Scratch・Pythonを使ったプログラミング(年間20〜30レッスン)

ものの仕組みを細かくとらえ、その中にある「順番」「繰り返し」「条件」に気づき、仕組みを考えたり、組み立てたりする。

  • 論理的思考力
  • 判断力
  • 表現力

b.世界を広げる学習(年間10〜20レッスン)

さまざまな体験をしたり、今の社会を動かしている方々と交流したりして、世界が広いことを感じ取る。また、体験したことを発表するプレゼン資料を作成する。(年に1回発表会を開く)

  • コミュニケーション力
  • 表現力
  • 想像力・創造力

【活動例】

  • 企業や経営者の話を聞く(会社について、製品についてなど)
  • 遠隔地にいる同世代の人とzoomで話す(→地元の良さを知る)
  • 幸せについて考える
  • ボードゲームやカードゲームの大会
  • 自作プログラム・ゲームの交流会

※レッスン以外の日に任意参加のイベントもあります。
※持ち込み企画も歓迎いたします!

c.タイピング(レッスンの日に、5〜10分取り組みます)

ブラウザ上でできるタイピングゲームを使い、ゲーム感覚で練習します。


無料体験受付中!

実際どんな教室なのかを無料で体験できます。LINE公式に入り、「無料体験申込」をタップしてお申し込みください。

[無料体験会の流れ] 70〜80分

1.面談(10分程度)

簡単な自己紹介(好きな教科など)、当教室の体験に参加した理由などをお伺いします。

2.レッスン体験(45分)

レッスン一回分を実際に受けていただきます。
(タイピングレッスン、Scratchによるプログラミングなど)
おうちの方も見学していただけます。

3.感想・入会についての説明

レッスンを受けた感想、見学の感想をお聞かせください。
また、入会についての説明をさせていただきます

※教室の雰囲気、学習内容を把握した上で入会していただきたいので、入会前に必ず無料体験会にご参加ください。
※無料体験会への参加は、入会希望者1名につき1回のみです。

LINE公式にご登録ください


さのプログラミング教室
代表  菅 圭

 小学校教師として17年間勤める。厳しい指導でクラスを管理する学級経営に限界を感じ、子どもの思いを大切にし、子どもが主体となる教室作りの研究・実践をおこなった。2021年3月に退職。

 「だれもがいつでも帰れる場所」を作りたいと考え、さのプログラミング教室を設立。

 教室運営のかたわら、ホームページ制作、動画編集、リコーダー講師なども行っている。

 教員時の専門教科は音楽。リコーダーの演奏・指導を得意としており、リコーダー全国大会で金賞3回受賞したほか、東山小学校リコーダー部、わたらせリコーダーアンサンブルを全国大会金賞に導いている。

佐野StrongStart研究会 事務局役員
東京リコーダー協会 講師

YouTubeチャンネルあります!

 「さのプログラミング教室」という名前ですが、プログラミングがバリバリ書けるエンジニアを育成したいわけではありません。

 幸せになるために必要な力を、プログラミングやさまざまな体験を通して育んでほしいんです。

 じゃあ、なぜプログラミングか?
 それは、「プログラミングをする=作品を作ること」であり、想像力・創造力や表現力を発揮できるからです。また、繰り返し試行錯誤を行うことができ、その上、学習を通して論理的思考力が鍛えられるツールだからです。

 多様性が大切と言われるようになって久しいですが、同時にそれは、「〇〇ができていれば大丈夫」ということがなくなり、自分の目指すもの、自分の幸せを一人ひとりが考えていかなくてはならない時代になった、とも言えます。
 あなたの幸せは、あなたが決め、あなたが求めていくのです。

 そうは言っても、将来なりたいものが見つからない、どうしたらいいか分からない、ということも大いにあると思います。
 例えば、子どもが将来の夢を考えるときに思い浮かべるものは何でしょうか?当然、知らないものは思い浮かべられませんから、家族の職業か、自分の生活で出会う職業(先生、食べ物屋さん、お花屋さん、ケーキ屋さん、お医者さんなど)、メディアで多く取り上げられる仕事(プロスポーツ選手、タレントや俳優、歌手・声優、漫画家、YouTuberなど)に限られるでしょう。
 その中になりたいものがなかったら、どうしたらいいか分からないくなるのも無理はありません。

 さのプログラミング教室では、プログラミングの学習と並行して、「世界を広げる学習」も行います。
 今いるところだけが世界の全てではない。これまで知らなかった企業や経営者の方の話を聞いたり、遠く離れた場所にいる同年代の子どもと繋がったりして、世の中にはやりたくなること、「夢の種」がたくさんある、ということを経験できるプログラムを用意します。

 新しいことを学ぶことは、楽しいことです!だって、今まで出会ったことのないモノに出会えるんですから。
 宿題や受験のための勉強ではなく、ワクワクできる学びを提供したい。

 そのために私自身も常に人と出会い、学び続けたいと思います。
 一緒に学び続ける仲間と出会ってみませんか?
 

タイトルとURLをコピーしました