はぐくもう「つなげるちから

さのプログラミング教室

鎮守の森教室

無料体験会実施中!

演奏で大切なこと【リコーダー】

ブログ

土曜日はリコーダーについて記事にしようと思いました。唐突に。

演奏で大切なことを書きます。技術的な面です。

あ、これは初心者〜中学生くらいの方向けの記事です。ある程度のレベルの方は、もっと大切なことがあると思うけど、今回は割愛♪

0.前提

リコーダーは、息を入れれば音が鳴る。これって、管楽器の中ではかなり特殊な特徴。

だって、他の管楽器は息入れただけでは音が鳴らない。楽器の角度やリードや唇を操作して初めて音が出る。

リコーダーは息を入れただけで音が出る。だから鼻で息を入れても音が出る。(よく鼻をかんでからやってね。それから人の楽器で鼻笛はしないように。嫌われるぞ☆)

この特徴が、リコーダーの良いところでもあり、難しいところでもある。

1.息

リコーダーを演奏する上で一番大切なものは、息。呼吸です。

息を入れると音が出るからです。

問題は、どんな音を出すために、どんな息を入れるか。そして、その息を作るために、どういう息の吸い方をするか。

そこまで考えて、息を吸って、楽器に息を入れる。

それくらい息って大切なんだ!と覚えておいてくれればいいです。

2.指(運指・指づかい)

リコーダーで音がうまく出ない原因の90%は、指です。音そのものは息を入れれば出るわけですから、「音が出ない」=「ねらった高さの音が出ない」となると、音の高さを決めている指が主な原因、ということになります。

リコーダーを習いたてだったり、難しい音の並びを練習したりするときは、とにかく「あせらない」ことが大切。

  1. 出したい音の指づかいがきちんとできているか確かめる。
  2. 息を吸う。
  3. 息を入れる。

一つ一つていねいに確かめながら音を出すほうが、上達は早いように思います。

3.タンギング

タンギングは、音の出始めに関わる技術です。聞くひとの耳に最初に入ってくる音の良し悪しを決めるのが、タンギングです。第一印象は良い方がいいよね!

学校では、「トゥ(Tu)」を主に習いますが、「トゥ(Tu)」はタンギングの中でも硬い印象を与えるので、そればっかりにならないように注意しよう。

タンギングは50音の

  • た行(たティトゥてと)
  • か行(かきくけこ)
  • ら行(らりるれろ)
  • が行(がぎぐげご)
  • だ行(だディドゥでど)
  • な行(なにぬねの)

あたりでできるので、曲やメロディによって使い分けると、表情が豊かになる。

4.おわりに

リコーダーを上手に吹きたい、と思っているみなさん。リコーダーを上手に演奏させてあげたい、と思っているお家の方や先生方。

ぜひこの3つのポイントを参考に演奏・ご指導してみてください。


リコーダーの演奏・指導について、もっと知りたいことがあるときは、ぜひ、お問い合せください。

お問い合わせは、LINE公式にて承っております。
さのプログラミング教室 公式LINEに入り、「お問い合わせ」をタップしてメッセージをお送りください。公式LINEでは、このサイトの記事の更新情報やイベント、レッスンについての情報も発信しております。ぜひご登録の上、ご活用ください。

友だち追加
さのプログラミング教室公式LINE

佐野市に小中学生対象のリコーダーアンサンブルグループを作ります。

対象は小学4年生〜中学生、

水曜日と土曜日の夜に、月3〜4回程度行います。

参加費は月額3000円の予定。

こちらも気になる方はLINEより連絡ください。

あ、佐野市に来られる方なら、どこにお住まいでもOKですよ!

栃木市でも足利市でも邑楽町でも館林市でも板倉町でも!

タイトルとURLをコピーしました