はぐくもう「つなげるちから

さのプログラミング教室

鎮守の森教室

無料体験会実施中!

さのプロレッスン20220303

ブログ

今日は桃の節句、ひな祭りですね。

今日も元気にプログラミング教室は稼働しています♪

今日は、今企画している「紙飛行機チャレンジ」の宣伝に使う動画や写真を撮りたくて、プログラミング教室に参加している子どもたちに10分だけ紙飛行機を作って飛ばしてもらうことにしました。

ちなみに「紙飛行機チャレンジ」はこちら↓

紙飛行機チャレンジ。チラシを使って10m飛ばそう!

初めは10分だけのつもりだったのですが、みんな真剣に取り組んでいたので、少し時間を延長して楽しみました♪

その後は、通常のプログラミング教室。自作のプログラミングや、教室の紹介を1分以内の動画にするという課題の2回目でした。

わかんね〜とか言いながら、それでも頑張るのが素敵です♪

「音をだんだん小さくしたい」

「パソコンに写っている画面を録画したい」

という要望があったので、そちらを指導。

動画を作るスキルが増えてきているようです♪

4人中1人、「動画ができた!」というので、見せてもらいました。

BGMやテロップを入れ、自作プログラミングが動く様子とともに教室の紹介をする動画でした。

完成させた!という気持ちが、次の制作意欲につながります。プログラミングでも動画制作でも、自分なりの工夫をさらに取り入れていくだろうな、とみている私がワクワクしました♪

途中、「どうしたらいいかわかんない〜」という声を上げる子が。

それ、とっても大切です♪

この社会で何かを成し遂げたい時にはいろいろなスキルが求められますが、一人でできることには限界があります。能力的にも、時間的にも。

だから、得意なことはがんばり、苦手なことはそれが得意な人にお願いする、というやり方が一番良いんです。

さのプログラミング教室では、「助けをもとめることができる」というスキルを大切なコミュニケーションスキルと位置付けています。

だから、

「分からないことがあるとき、「わかんね〜っ!」って大きな声で言えるのは良いことなんだよ」

と伝えました。これからも伝えていきたいと思います。

もちろん、「わかんね〜っ!」って声が聞こえたら、周りの人が「なになに?」って声をかけるのも大事だよっていうのもセットで伝えていきたいと思います。

本日も、充実したレッスンでした♪


さのプログラミング教室では、入会者を募集しております!

まずは、無料体験会にご参加ください!

詳しくは、こちらから!

タイトルとURLをコピーしました