はぐくもう「つなげるちから

さのプログラミング教室

鎮守の森教室

無料体験会実施中!

矢印キーでキャラを動かす【Scratch】

ブログ

プログラミング教室なので、レッスンで使っている【Scratch(スクラッチ)】についても書いていこうと思います。プログラミングの参考になれば嬉しいです♪

今回は、「矢印キーでキャラ(Scratchでは「スプライト」と呼びます)を動かすこと」について。

キャラを動かす方法としては、クリック(タップ)した場所に移動させる方法、ポインタの位置に向かうようにする方法、矢印キーで動かす方法などがあります。

これらのうち、アクションゲームなどでよく使われるのが、押された矢印キーに応じて、前後左右に動くというプログラム。

キャラを動かす基本ですよね。

「〇〇キーが押された時」を使う

Scratchのプログラミングで使うブロックには、「〇〇キーが押された時」というブロックがあります。

はじめは「スペースキー」になっている。
色々なキーを選ぶことができます。

このブロックと、「x座標(y座標)を〇〇ずつ変える」というブロックを組み合わせると、キャラを動かすプログラムが完成します。カンタンですね♪

矢印キーごとにプログラムを作ればOK!

しかしこのプログラム、2つの問題点があります。

  • 動きにぎこちなさがある。
  • 矢印キーを2つ同時に押しても、斜めに動かない。
動きはじめにぎこちなさがある。

「ずっと」「もし〇〇なら」を使う

この2つの問題を解決するプログラムが、「ずっと」ブロックと「もし〇〇なら」ブロックを使う方法です。

「ずっと」ブロックの中に「もし〇〇なら」ブロックを入れる。

「ずっと」ブロックは、プログラムが動いている間「ずっと」待ち続け、条件に合う命令が来たときに、即座に反応を返すブロックです。

「旗を押したとき」ブロックを頭に置いて、旗を押した瞬間から待ち状態になってもらいます。

そしてずっとの内部には、「もし〇〇なら」ブロックを入れます。こうすることで、条件に合うキーが押されたときに即座に動けるプログラムが作れる、というわけです。

今回は、「矢印キーが押される」という条件を満たしたときに、キャラが動くというプログラムを、「ずっと」ブロックの中に入れることで即座に反応できるようにしました。

すると、動きは下のようになります。

動きがスムーズ♪

さらに、矢印キーを2つ同時に押すことで、斜め移動もしてくれます!

斜め移動もスムーズ♪

作るゲームなどによって、プログラミングを選ぶことになるわけですが、スムーズに動く後者の方を私はよく使います。皆さんのプログラミングの参考になさってください。


さのプログラミング教室は、「はぐくもう!つなげるちから」が合言葉の教室です。
同じ時間のクラスには、5人程度のお子さんが入室しますが、一人一人の興味・進度に合わせた課題を提供しますので、自分のペースで安心して学ぶことができます。学習過程があり、同じスタート地点からスタートしますが、理解度やがんばりに応じて、どんどん次のステップへ進むことができます。


レッスンを無料で体験できます。
LINE公式に入り、「無料体験申込」を
タップしてお申し込みください。

LINE公式よりお申し込みください
タイトルとURLをコピーしました